従軍慰安婦の真実


従軍慰安婦問題の証拠を検証したサイトです




慰安所の写真

慰安婦とは、銃具に案不、籾井勝人の発言

左側の垂れ幕に、「身も心も捧ぐ大和撫子のサービス」と日本語で書かれているが、皆さんが知っている通り、慰安婦の多くは韓国人の女性。





画像・映画のワンシーン、問題は解決済みか?戦場の性

従軍慰安婦の写真

※ 笑顔を見せている右端の女性は、歴史教科書では必ずカットされて掲載される





従軍慰安婦と聞くと「かわいそうな人たち」をイメージする方も多いのですが、戦争中は慰安行為(売春)によって収入を得る女性が多く存在しました。通称「慰安婦」と呼ばれる人たちです。

慰安婦の中には「親に売られてしまった人や借金を背負っていた不幸な人」もいました。

本来望まずにそのような仕事についた人達は、現在日本に謝罪と賠償を求めています。
さらに言えば、問題にされているのが”強制的にそのような仕事をしていたか?”の部分です。なぜなら彼女達は、慰安所から高額な収入を得ていたことが分かっているからです。


大卒の初任給が月収20円」の時代に、慰安婦は約15倍に当たる「月収300円」以上で公募集をかけられていました。






従軍慰安婦の写真 (日本兵のあと追う韓国人女性)

川を渡る慰安婦の写真・映画の実態とは


「従軍」とは軍に同行する人を指します。

従軍記者、従軍カメラマン、従軍看護師などは存在が確認されています。

上の写真のような「従軍(追軍)慰安婦」はいくらでもいましたが強制によるもの?がいたかどうかは証言以外に証拠がありません。

(当時は、公募集すれば多くの慰安婦が集まる時代です)

ビラ チラシ・ポスター・じゅうぐんいあんぷ、嘘を許さない女性の会とは、漫画





従軍慰安婦の証言

以下はすべて、従軍慰安婦として有名な「黄錦周(ファン・クムジュ)さん」1人による証言です。




公演するたびに、証言が変わっています
(以下の発言)




(1)従軍慰安婦と戦後補償 / 著者:高木健一
「生活は貧しく、12歳のときに100円で売られた。ソウルの金持ちの家で小間使い。1938年に威鏡南道ハムン郡で女中をしていた時に、その家の娘の身代わりとなって満州に連行され従軍慰安婦となった」


(2)国連・経済社会理事会クマラスワミ報告 / 1996年1月4日
「17歳のとき、日本人の村の指導者の妻が、未婚の朝鮮人少女全員に、日本軍の工場に働きに行くように命じました。そのとき私は労働者として徴用されたのだと思いました。」


(3)テレビ番組"TBS"「ここが変だよ日本人」(従軍慰安婦問題)
「私は19歳で学校を卒業する25日前に、日本軍に引っ張り出され、仕方なく慰安所に行ったんだ」


(4)「日韓社会科教育交流団韓国を訪問/1997夏期
「満18歳になったある日、男がやって来て、村から娘を提供するように言いました。」


(5)旧日本軍「従軍慰安婦」の証言を聞く集会 / 1997年12月5日
『村の班長(日本人)に「一家に一人は行かなくては」と脅され、1941年、韓国を離れましたが、到着した場所は、慰安所でした。』


(6)黄錦周さんの証言を聞く会 / 2001.07.17 / 東京大学にて
「14歳のとき、いわゆる「少女出」で満州に連行され、皇軍兵士のセックスの道具にされた。つらい体験だった。」


しかし彼女は、歴史学者たちに「重要な証言者」として長い間引用されてきた。





ナヌムの家に住む従軍慰安婦 「李容珠(イ・ヨンス)さん」の証言

1944年、16歳の時に強制連行され台湾へ。旧日本軍の従軍慰安婦としての生活を3年間強制された、と証言(1947年まで

(※敗戦により日本軍がいなくなった後も、現地で2年間ほど働いていたことになる)




このことを指摘され、慰安婦の期間を「3年間→1年間」に修正

(下の写真)2007年さいたま浦和の公演の配布資料
自称、元従軍慰安婦、中国人、河野談話とは




証拠資料に関する説明(動画あり)



元従軍慰安婦の証言の捏造、橋下徹市長・維新の発言内容

朝鮮人の人身売買組織が、誘拐した少女を中国人に売り飛ばしていた為、日本政府によって検挙されたことを報じる記事

1933年6月30日付 東亜日報

慰安婦を「拉致・強制連行」していたのが朝鮮人業者
警察官を増員し、それを取り締まっていた日本政府





当時の”慰安婦”募集記事


「軍」慰安婦急募

朝鮮総督府機関紙 「毎日日報」1944年10月27日広告
従軍慰安婦大募集漫画、上原美優




慰安婦 大募集月収最低300円、3000円まで前借可能

京城日報 1944年7月26日広告
慰安婦に対する海外の反応、ビラチラシ、従軍慰安婦の実態と映画、wiki、宋神道(ソン・シンド)さん、



(上の写真の説明)

慰安婦 大募集・・月収最低300円、3000円まで前借可能”

(三食食事付きの家政婦の月収が約13円の時代です)

上に書いてある、月収300円とは当時の激しい労働をしていた男性でも稼げない金額です。
女性の工場労働者が月収20〜50円くらいしか稼ぐことが出来ない時代に、学歴の無い女性が「京城紡績」で働き始めても、馴れるまでは月収20円以上は稼げませんでした。

募集の広告には「売春」とは書いてありませんが、


「異常に高い給料」で慰安といえば普通の仕事ではありません


現代の社会でも直接的な表現はしませんが、高給で接待して稼げるのは特殊な仕事だと解るはずです。






「朝日新聞による誤報問題とは」

朝日新聞社」は、およそ20万人いた女子挺身隊(工場労働者)のことを、「戦地に狩りだされた慰安婦のことである」などといった”誤った報道”を長い間行ってきました。



工場に向かう「女子挺身隊」

(戦時中ではごく普通の光景。男が戦地に向かうため女性は国内で働く)





飛行機の整備をする女子挺身隊


「女子挺身隊」が「慰安婦」と全く別物であることは誰もが知っていることでですが
朝日新聞社だけがそのことを知らずに記事を書いてきたか、意図的に混同させたのか、のどちらかと考えられます。

しかし、朝日新聞の記事が「従軍慰安婦20万人説」の根拠となり、日本の歴史教科書に「従軍慰安婦」が掲載されたり、その後、韓国に飛び火して、反日運動が起こったのです。



ジャーナリスト櫻井良子氏が、詳しく説明





何があっても大丈夫

新品価格
¥1,620から
(2014/10/23 22:19時点)





世界への影響


「従軍慰安婦」を利用する団体

統一教会の合同結婚式で韓国に送り込まれた日本人妻たちが、慰安婦に土下座

統一教会と従軍慰安婦、漫画、統一教会問題、いあんぷ、ニコンの不買運動写真展
写っているのは日本人 (統一教会)





韓国への修学旅行で、慰安婦に土下座する日本の高校生

、朴槿恵(パク・クネ、無料漫画、キム・ボットン(金福童)
※韓国への修学旅行に行くときは、これが目的のケースがある

右下が日本の高校生




※韓国は、「日本が韓国人女性20万人を性奴隷にした」といったウソを海外で発信中

<アメリカで石碑を6箇所建てています>

(下の写真) クーパーバーグ・ホロコーストセンター







「あの事件の報道は?」




(参考)南京大虐殺の報道

南京大虐殺は、3万枚に及ぶ写真と、数本の映像によって作られた事件といわれています。
南京攻略の際に、数多くの兵士やゲリラ兵(便衣兵)が死亡したが、民間人への攻撃は行われていない ※民間人の人口は減っていない)



南京大虐殺の証拠写真、強制連行、従軍慰安婦

上の写真は、

中国のロビー活動家である「アイリス・チャン」が、日本軍による南京大虐殺の証拠写真として彼女の著書「レイプ・オブ・ナンキン」に掲載していた、代表的な写真のひとつです。

「日本軍に強制連行され、軍部で女性への暴行・虐殺が行われた」



しかし、真相は
南京攻略戦の前に撮られたもので、「アサヒグラフ」(1937年11月10日号)に掲載された写真。

「農作業を終えたあと、日本兵に守られて帰宅する中国人女性」をアサヒグラフのカメラマンが撮った写真です。

これを中国側は、旧日本軍が女性らを強制連行する場面と紹介し、「農村婦女は連れ去られ陵辱、輪姦、銃殺された」と説明していた。

さらに、この写真は戦後、朝日新聞社の「本多勝一」氏の著した『中国の日本軍』など、国内外で繰り返し捏造(ねつぞう)使用されてきたことでも知られています。

「従軍慰安婦問題や、南京事件の捏造」には、「朝日新聞」積極的に宣伝行為を行ってきたことを知っておくと良いでしょう。



映像の記録、従軍慰安婦と大虐殺

(上の写真)王小亭(おう しょうてい)

中国系アメリカ人のカメラマン・映画撮影技師です。彼も、南京大虐殺の証拠写真を偽造してきた



虐殺の実態を記録した映像

抱えていた子供を置いて、撮影



 

「南京大虐殺」に関わるとされる写真は約3万枚あるとされていますが、証拠写真となるものは一枚も無いそうです。





(以下の動画)fake of nanking(フェイク・オブ・南京)

南京事件の映像がどのように捏造されてきたか分かる動画



南京事件「証拠写真」を検証する

新品価格
¥1,620から
(2014/10/23 22:20時点)




【リンク】

1、「右翼団体の本当の目的」




2、創価学会の芸能人一覧表

中原道子、売春婦像、アメリカ兵の慰安婦訴訟


3、「日本人が知らない治安の実態」








ページ上部へ戻る